メインイメージ画像

結婚式に送る電報の台紙や付属品の種類が増えています

メールなどの通信機能が発達して、これだけ便利な世の中になっても、結婚式というお祝いの席に不可欠な物のひとつに電報があります。招待はされたけれど当日式に参加できないという人や、お祝いの気持ちを何か形にして贈りたいと思う人にとって非常に有益なサービスです。

ひと昔前は電話からの申し込みしか受け付けていなかった電報ですが、インターネットの普及によって、近年ではインターネットから24時間年中無休で簡単に申し込みが出来るようになり、種類もとても豊富になりました。

種類が増えたことで選ぶのが大変だと思う人もいるようですが、逆に新郎新婦の好みそうな電報を渡せると考えると選ぶ楽しみも増すでしょう。昔から売れている定型の商品以外には、ぬいぐるみ型の電報、プリザーブドフラワーの電報、キャラクターのついてくる電報、バルーン電報などは結婚式で目にしたことがある人もいるでしょう。また最近は、ワインやペアのシャンパングラスなどといった商品と電報を一緒に届けられるギフト電報や、新郎新婦が好きなものを選ぶ商品カタログと電報をひとまとめにしたカタログギフト電報というものもあり、すごく人気があります。

さて電報を送ると決意したら、あとは電報のマナーをしっかり守って送る準備をするだけです。電報のマナーとは、宛名の書き方といったものや、送るタイミング、電報文の文言などいくつかあります。特に電報文の文言については、縁起が悪いと言われる忌み言葉は、時代が変わってきたとはいっても普通は避ける必要があります。

けれどそれをキチンと守れば、決まった文句の書き方というものがあるわけではないので、失礼な文言にならない限りにおいては、思いをそのまま言葉にすれば良いです。ただし、あまりにも長文のものは式の妨げになることもあるので注意しましょう。それであっても文言が思いつかない、難しい場合は、電報文例集というものがあり、それらを参考にしましょう。

更新情報